遺品整理の体験談

父の死で思い出がいっぱい

体験者:あえ さん

25歳のとき父が肺がんで亡くなったのですが、両親は離婚していて葬儀などは親戚に手伝ってもらって滞りなく済ませられましたが、遺品整理は妹21歳のと二人ですることになったのです。そして懐かしい思いこみあげてきたのですが、久々はいった自分の実家は父が一人暮らしをして年月感じさせるように記憶とかなり変わりました。仕事休める日数限られており、とにかく仕事の書類、置いておく品など分けていくことになったのです。そして、子供のころからあまり入ったことない両親の部屋はいってみれば、あまり時間わいてなかったですがもう父親に合うことできないと悲しい思い込み上げました。妹としばらくな見出し大まかな掃除しながら作業始めました。父のきてた服を処分するのかなり抵抗あったのですが、だれも着ないのでと心を決め処分していったのです。途中父が学生の頃からきいてたレコードがたくさん出て来て、それは業者に引き取ってもらいました。たった一人の人の所有物ですが、片付けに丸2日かかったのです。そして途中で父の免許証入れが出て来て、そのケースの中に私が高校生の時母、妹と出かけて取ったプリクラもたくさん入れられてました。その時は涙泊まらなかったです。