遺品整理の体験談

叔母の自宅の遺品整理を業者にやってもらい気持ちの整理もつきました

体験者:ゆかり さん

私の両親が他界したあとも、ずっと叔母は私の母親がわりになってくれ良い関係を築いていました。その叔母が80歳を過ぎた頃から軽い認知症がでてきて、一人暮らしも難しくなってしまいました。やむなく有料老人ホームに入居したのですが、あわただしく入居したため叔母の自宅は、家具や電化製品などほとんどそのままの状態になっていました。その叔母が突然の心臓発作で他界し身よりのない叔母の自宅の後始末はすべて私がやることになったのです。ですが、40年以上住み続けた家には想像以上の遺品がのこされておりとても私が手を付けることができない状態で途方に暮れました。

そんな時に友人から教えてもらったのが遺品整理業者でした。そういうサービスがあるのはうっすらとしっていましたが、実際に叔母の大切な遺品の数々を無碍に処分するのは心が痛みましたし、遺品整理業者も悪徳業者が多いとの話もよく耳にしていたのでなかなか決心できずにいました。でも自分では遺品整理に限界を感じたのでネットで調べて評判が良さそうな業者に見積もりに来てもらいました。その業者が非常に良心的な費用で、また対応も良かったので叔母の遺品整理を全てお任せすることにしました。

結果、本当に業者を利用して大正解でした。自分一人でしたら、きっとどうにもならなかったはずです。今回は良い業者に巡り会えたことで、叔母の家の遺品の数々をすべて処分することができました。今回誠心誠意作業を行ってくださった業者さんにはとても感謝しています。