家を新築した

利用者:さ さん

10年程前うちは父方の祖父と同居を始めてその時家を新築したのです。当時わたしは子供で経緯よくわからないですが、祖父が土地かって、父がローン組み家建てました。何年かして祖父は知り合いの家相続のことでおトラブルになったことを聞いて、行政書士にお願いして遺言状た王繰りました。祖父は子供3に似て父は長男で、もし祖父亡くなったら、土地相続巡り争いになってはいけないといった理由です。父の兄弟は仲よく、地価も下がっていて大した額になります。行政書士に依頼して、それなりお金かかります。その時ほかの兄弟は権利放棄してくれると父がいっても祖父は聞き入れなかったです。数年後祖父なくなって病気なく朝まで元気でも夜突如心臓発作を起こし倒れました。葬儀後父の兄弟の一人が土地相続についていいだしました。その時祖父はお金困っていましたが、遺言状がると知り、すぐ諦めたのです。祖父が遺言状書いてくれてとてもよかったです。そして、不動産は分割しにくいもので、玄関は弟、リビングは兄などというわけに行きません。土地は分割できないこともありませんが、分割すれば価値が下がることがあります。みなさんもこうしたことは注意したほうがいいです。