父の趣味のもの

利用者:佐藤氏 さん

私の父は多趣味で、クラシック音楽やローライコードみたいなカメラの趣味、diyみたいなことまで手を広げてる楽しい人です。趣味が高じcmにも出たりして、父がいることでとても家庭にとって潤いがあったわけです。そして、苦労はありましたが、それは仲良し夫婦の落とし穴、父が元気なころ想像しなかったことです。それは父残したものがほとんど不用品委なったことです。残されたものは母が使えるような実用品ではないですが、ただごみにしてしまうのはもったいないという商品なのが厄介でした。そして、大量のクラシックレコード、大きなステレオなどで、クラシックレコードは母には無用の長物です。ですが、マニアの人から見れば喉から手が出るほどの者ら市です。パソコン操作などと縁遠い母は知人の人に何か月もな買ってネットオークションでレコード売却してもらったのです。そして父の知人にあのレコード希少価値あって譲ってもらいたかったといわれて、喜んでいただける知人に譲ったほうがよかったと落胆しました。そして、ステレオ類は父の友人居連絡して譲り、その時どうやって配送したらいいかわからず、取りに来てもらいました。ただたわすだけにもいかなくて、家をきれいに整え、ごはん出したりしました。